スポンサーサイト

2016.10.20 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

X61 mini PCI-e 移設キット 詳細

2014.09.17 Wednesday


パッケージ写真。

 


開梱していきます。
mSATA ←→ 2.5変換基板。
ネジ 2個付き。



mini PCI-e 延長基板。
10cm, 20cm, 30cm のケーブルと、ネジ 2 個付属。



カードを載せる基板は、ハーフ/フル、どちらも対応可能。
ネジ受けが裏からビス止めされているため、簡単に移動させることができます。



延長イメージ。 *写真は 10cmのケーブル



こちらは mSATA 変換基板に SSDを乗せた状態。 *キットに SSDは含まれません。



変換基板経由で SSDを計測。 基本的に刺し口の形状を変換してるだけなので性能はそのまま出ます。
*この製品の本来の実力はもっと上ですが、X61 では妥当な数値です。




mini PCI-e 延長基板のベンチマーク。 条件的に厳しいと思われる 30cmのケーブルでテスト。
LAN上の共有フォルダをネットワークドライブに割り当て、CrystalDiskMarkをかけました。

(延長前)


(延長後)


通信速度なので、数値に 8を掛ければ、一般的な速度表記になります。
( MB/s = メガバイト/秒、 Mbps = メガビット/秒。 1バイトは 8ビット )

例えば、7.520MB/s であれば、60Mbpsくらい。
使用している LANの有線部分は 100Mなので、無線 LAN経由であることを考えると十分な速度です。

延長後の方が一部速くなってますが無線 LAN経由のため誤差範囲かと思います。


mini PCI-e 延長基板ですが、ケーブルに小さなシワが付いているものがあります。 海外出荷品のため、この辺は目をつむる必要はあります。



取付中の画像です。 好きな場所に配置できます。 ケーブルを工夫して上手く収めます。



ケーブル取り回しの注意点として、赤丸部分はパームレストの支柱が来るので避ける必要があります。
赤い四角の部分も排水口が来るので避けます。



ちなみにケーブルと同サイズの紙を切り出しおいて、あらかじめシミュレーションしておくと失敗がなく綺麗に仕上がるかと思います。



当人ではこんな感じに配置しました。 この位置なら SSDとの熱干渉もなく、パームレストからも遠いです。 ケーブルは 20cmのものを使用しました。 本体への固定はネジは使えないので両面テープになります。



カードを 2枚使う場合はこんな感じになると思います。 熱源が多いほどこの MODは効果が出ます。







負荷テスト。
大量のファイルを無線 LAN経由でコピーして発熱させ、パームレストの温度を計測します。


温度が上がりきったところ。 これはキット無し。



キット装着時。


環境や個体に寄るので保証値ではありません。


確認のため、マザーボードを入れ替えました。
キットを装着して計測。


さっきより低く出ました。 マザーボードによっても違うようです。
*パームレスト、メモリーなど、マザーボード以外は同じ条件です。







おまけ



その1: 指紋センサーは本当に発熱するのか?




「指紋センサーは熱くなるので外した方が良い」と聞いたことがあります。

指紋センサーをパームレストから外し、周りからの熱を受けないようにした状態で、
本体側でベンチマーク掛けたり、いろいろやってみました。
結果、どうやっても熱くなりません。
おそらく、熱い、と言っているのは、周辺の熱を拾っているのだろうと思います。

ついでに、モデムカードの有り、無しも、比較してみました。
パームレストの温度は全く変わりませんでした。
この話もわりと適当な情報のような気がしています。





その2: 2ndファン。

2ndファン付きのマザーボードでキットを組み付け。



ベンチマーク。



2ndファンなしに変更(ファンレス回路を取付け)。



ベンチマーク。


0.5度の変化。 誤差かな?これ・・・。 *本人がだいぶ疲れてきたため、個体差は調べていません。
これ見る限り 2ndファンのパフォーマンスは激悪です・・・w
ファンをコントロールするフリーソフトがあるらしいので、そういうのを使えば、もしかしたら、もうちょっとパフォーマンス出るかもしれません。






その3:

マザーボード下、サウスブリッジに放熱シートを貼りました。



ベンチマーク。


これも個体差は調べていませんが、一応下がってくれるようです。 ここまで下がればもう十分かな。

放熱シートは 3mm厚でやってみましたが、ベースカバーとの当たりが弱い感じなので、銅板を敷くとか、シートを 4mm厚に変更するなどすれば、もうちょっと良くなるかもしれません。

















 

スポンサーサイト

2016.10.20 Thursday

コメント
コメントする